2012年06月30日

木屋根工事が本格化

木屋根工事が本格化、すごいスピードで進んでいます。

gunmahonkan_46.JPG

木梁は上弦材と下弦材がありますが、下弦材はほぼ完了。ここまで約一週間です。


gunmahonkan_47.JPG

梁の取り付けは、設計時にはある程度の面積を地組でユニット化して取り付ける
ことを想定していましたが、現場では施工者提案で一本ずつの取り付けになって
います。しかし、予想以上に順調で、早いです。

gunmahonkan_48.JPG

屋根が大きくねじれながら、梁が垂れ下がっています。


gunmahonkan_49.JPG

棟の鉄骨梁に木梁が取り付けられています。スチールのガセットプレートにドリ
フトピンです。


gunmahonkan_50.JPG

軒先も棟と同じ納まりで木梁が取り付けられます。軒先には、木梁に張力を導入
するために、H鋼と溝型鋼を組み合わせた梁を使用しています。


gunmahonkan_51.JPG


木梁のジョイントです。製材なのでやはりばらつきがあります。
この辺は木を使った建築の難しいところです。

gunmahonkan_52.JPG

記念撮影してみました。SAHAUSの三人です。

細い木材で大きな屋根をかけるという当初からのコンセプトが、あまり見たこと
のないスケール感の空間を生み出しそうな予感です。ずっと現場に張り付いてい
たい気分です。

hino




posted by salhaus at 15:49| Comment(0) | honkan

2012年06月29日

木工事開始!(速報)

今週から、いよいよ木屋根の施工が開始しました!!

鉄骨の建て方時と同様、関東建設工業からの建て方報告写真による、速報レポートです。


まず、1日目。25日(月)です。

gunmahonkan_42.JPG

南面の東側から梁の下弦材を取り付けていきます。

そして、内部はこんな感じ!

gunmahonkan_43.JPG

下弦材のみですが、雰囲気は分かりますよね。
木屋根から光が透過する風景は、今しか見ることが出来ないですが、
これはこれでとても綺麗ですね。



続いて2日目。

gunmahonkan_44.JPG

北側にも梁が取り付き、屋根の形が見えてきました。
本当に、屋根の建築ですね。



3日目。

gunmahonkan_45.JPG

梅雨の谷間でお天気にも恵まれ、順調に進んでいるようです。



そして、本日4日目。

gunmahonkan_46.JPG

かなり進みました。


明日の現場確認が楽しみです!

続編はまたレポートします!


tochi
posted by salhaus at 00:16| Comment(0) | honkan

2012年06月24日

木屋根工事開始直前

木屋根を建方するためのクレーンがやってきました。
もうすぐ屋根への木材の取り付けが始まります。

gunmahonkan_37.jpg

地面では木の地組が始まっています。
木の部材は最長でも4mなので、スパンの長い箇所は最大6本をつないで使います。
この材を吊り込んで、屋根に設置していきます。

gunmahonkan_38.jpg


本体は屋根施工のための足場が組み立てられています。
大きな切り妻の形に合わせて、段々になった足場です。

gunmahonkan_39.jpg

棟の鉄骨梁も塗装され、木工事が始まるのを待つばかり。
両側に飛び出した無数のハネに木が取り付きます。gunmahonkan_40.jpg




と思っていたら、23日(土)に木の建て方お試し施工を開始した、と写真が
送られてきました。

gunmahonkan_41.jpg

次回「木工事開始!」の記事を、乞うご期待。


hino
posted by salhaus at 16:02| Comment(0) | honkan

2012年06月12日

木梁 製品検査

昨日、木工場にて本館の木梁製品検査を行いました。
部材の確認と、付随する金物を確認します。

こちらは棟部のガセット

gunmahonkan_35.jpg

FBがランダムについているように見えますよね。
でもこれが最終形です。

今回木工事を担当する藤寿産業は、3Dで木屋根の形状を作図し、
木梁の長さ、ガセットの位置、形状、傾きなどを決めています。
より正確な屋根形状を知っているのは、私たちよりも彼らです。


こちらは現場へ運搬される直前の木梁。

gunmahonkan_36.jpg

これでざっと1500本程度。本館全体の40%分くらいです。
これを多いと見るか、少ないと見るか。

1500m2の屋根だと考えると、材積は少ないでしょうか?


この1本1本に番号が振られていて、位置が決まっています。
何だかすごいですよね。


いよいよ来週から木梁の施工が始まります。



tochi
posted by salhaus at 23:02| Comment(0) | honkan

2012年06月09日

2階に上がってみた

昨日は梅雨入り前のとてもよいお天気でした。

本館は外周に足場がかかりました。
幸い、現本館から屋根は見えそうなので、木屋根の建て方レポートは出来そうです。
足場がバレて建物の全体像が再び見えるようになるのが楽しみですね。

gunmahonkan_31.JPG


来週は2階デッキスラブを打設しますので、配筋検査で2階にはじめて上がりました。

gunmahonkan_32.JPG



gunmahonkan_33.JPG

1階から見上げで見ていた時には、正直ちょっと高さが高すぎるのではないかと思ったのですが、
2階に上がってみると「高い」というよりは「屋根が近い」という印象の方が強い感じがしました。

gunmahonkan_34.JPG

軒先の高さを抑えていて、2階からは目線より低い位置に屋根が見える場所があります。
木屋根が楽しみです。



ふと見ると、現本館南側の壁面に、グリーンカーテンが設置されていました。
木屋根が上棟する頃には、すっかり緑に覆われているでしょうね。
gunma120608.JPG

しかし、この角度。
新しい本館南側にも似た場所が・・・。



tochi
posted by salhaus at 15:20| Comment(0) | honkan