2011年12月21日

本館 鉄骨打合せ

本日、SALHAUSにて本館の鉄骨打合せを行いました。

構造の佐藤淳さん、本館施工の関東建設工業、鉄骨を担当する吉田鉄工所が集まり、
模型と図面をにらみつつ、1カ所ずつ納まりを検討しました。

模型はSALHAUS作成中の1/50全体模型と、関東建設工業が作成した1/100の軸組模型です。

gunmahonkan_4.jpg

納まりの難しい所が多々あり、11時からスタートした打合せが終わったのは、結局夕方6時前でした。

意匠上検討が必要な部分は、原寸模型でチェックしていきます。
年内にどこまでできるか・・・。


鉄骨単体の検討が終わると、次はいよいよ鉄骨と木の取り合い部分の検討に入っていきます。


tochi
posted by salhaus at 18:57| Comment(2) | honkan
この記事へのコメント
山本事務所の西田です。
ブログ拝見させていただいてます。施工会社が模型をつくるとは!すばらしいですね〜
ブログの更新、楽しみにしています。
Posted by 西田 at 2011年12月21日 22:21
西田君
お久しぶりです。天津の図書館も順調そうですね。

ゼネコン自ら軸組模型を作っただけのことはあり、打合せはやりやすいです。
実際の現場もスムーズに進むと良いのですが・・。

もう少し進んできたら現場の様子もレポートしていきますね。
Posted by tochi at 2011年12月21日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。