2012年12月08日

本館 竣工レポート第一弾!

本館の引き渡しを終えてから早いもので既に3週間経ち、農業技術センターは本格稼働しつつあります。

遅ればせながら、竣工レポートを何回かに分けてアップします!
(既にこのような空っぽの状態ではないのですが・・・)


まずは外観から。
北東角。2色の金属外壁を縦横に葺き分けています。

gunmahonkan_126.JPG


こちらは南西角。奥に見えるのが旧本館です。

gunmahonkan_127.JPG


そして珍しく、南東角から。屋根の見え方が北側と全く違います。

gunmahonkan_128.JPG


ここから室内。

事務室です。右に見えるのが15mひと続きの受付カウンター。
晴れた日は照明が不要な程、明るくて気持ちのよい空間になりました。
空調は床吹き出し式。これがとても快適で、ずっと事務室に居たくなります。

gunmahonkan_129.JPG


事務室から続く廊下。大屋根に包まれて1・2Fが近く感じます。

gunmahonkan_130.JPG


こちらは実験室ゾーンの廊下。
19の実験室が並びます。

gunmahonkan_131.JPG

gunmahonkan_132.JPG

この吹抜けが自然光の取り込みと自然換気に効いています。
実験室エリアは大量の配管・配線により、天井高さがあまりとれないのですが、
廊下が吹抜けていることで、気分的にはかなり違うように思います。


続く。


tochi

posted by salhaus at 16:42| Comment(0) | honkan

2012年11月18日

別棟 木梁建て方開始!

長らく延期になっていました別棟の木梁建て方が、いよいよ始まりました。

1日目。南側の下弦材35本全てのつり込みが完了。

gunmabettou_4.JPG


2日目。北側下弦材35本全てをつり込みます。

gunmabettou_5.JPG


軒先、棟のラインは本館と連続します。
現本館を解体すると、屋根の連続性と広場の囲われた感じが見えてくると思います。

gunmabettou_6.JPG

別棟で木梁がかかるのは3スパンしかなく(本館は13スパン)、かつ本館建て方を経験済みなので、
順調に進むのではないかと思います。

別棟は梁の長さが短い割にはねじれが大きいので、
本館とはひと味違う屋根が見られるのではないかと期待しています。

gunmabettou_7.JPG

ただ、ねじれが大きい分、上弦材と下弦材の交点を決めるのが本館よりも難しくなりそうですね。

下弦材のレベルを測定した後、上弦材の吊り込みに入ります。
週末には全ての木梁がかかり、屋根形状が見えてくる予定です。



tochi
posted by salhaus at 14:10| Comment(0) | bettou

2012年11月17日

サインもつきました。

本館にサインが設置されました。

今回デザインを担当して頂いたのは、氏デザイン 前田さん。
山本理顕設計工場時代からのおつきあいです。
(正確に言うと、当時はお互いそれぞれの事務所のスタッフ同士でしたので、弟子筋同士になります)


こちらは館名サイン。
Dレターという厚みのある文字をガラス面に貼っていきます。
パーツ数が多いので、大変そうです。

gunmahonkan_120.JPG


仕上がりはこちら。なかなか綺麗です。

gunmahonkan_121.JPG


これは風除室内の館内案内マップ。

gunmahonkan_122.JPG

マップはアクリルに印刷シート貼り。
室名はRC打ち放し面にカッティングシート貼りなのですが、印刷みたいに綺麗です。
Pコンやピンホールの避け方が絶妙です!(ピンホールは偶然ですが・・)

gunmahonkan_123.JPG


そして、これが衝突防止サイン。
今回はこんな形にしてみました。結構、かわいらしいですよね。
何の形だか分かるでしょうか?

gunmahonkan_124.JPG

ヒントはこちら!

gunmahonkan_125.JPG



本館は昨日引渡しを終え、若干の手直し及び機器移転後の調整が残っているものの、
無事、竣工致しました!

祝!!


竣工レポートは後日アップします。

初めての事ばかりの現場で、様々な場面で苦労も多かったことと思いますが、
施工に携わって頂いた全ての皆様には、この場を借りて、本当に心から感謝申し上げます。
どうもありがとうございました。


さあ、私たちにはまだ別棟と外構がありますので、引き続き頑張ります!


tochi
posted by salhaus at 12:08| Comment(0) | honkan

2012年11月12日

完了検査(本館)

本館だけ先行して、特定行政庁の完了検査を受けました。

ようやく竣工した感じになってきています。

外観は、こんな感じです。

gunmahonkan_115.jpg

屋根の形が見る角度によって全然違って見えるのが不思議です。
内部もほぼ仕上がってます。

gunmahonkan_116.jpg

左に並んでいる梱包されたスタンドは、照明器具です。

2階からは実験室を見下ろします。


gunmahonkan_117.jpg

見学動線の想定ではない場所でも、こういった実験室が見える場所を設定しています。施設利用者の方々に、使い方を誘発できればよいなと、内心は思ってます。
ガラスが重なって、複雑な反射が起きています。


gunmahonkan_118.jpg

階段も仕上がりました。


gunmahonkan_119.jpg

大開口ながらも囲われた感があります。
本館は目処が立ってきましたが、ガラスの向こうにいまだ木工事が始まらない別棟が見えています。このブログも、もう少し続きそうですね。


hino

posted by salhaus at 00:06| Comment(0) | news

2012年11月04日

続々と仕上がってきています。

本館は壁の塗装がほぼ終了し、木製建具・家具・機器の取り付けが始まりました。

事務室では受付カウンターの施工が進んでいます。
まだ骨組みだけですが・・・。仕上がりが楽しみです。

gunmahonkan_108.JPG

ちなみに、事務室からの見返し。
奥に見える鉄骨フレームが別棟です。

gunmahonkan_109.JPG

(工事が遅れているようにも見えますが・・・)
別棟にも木梁がかかると、ガラス越しに2棟の木格子屋根が連続して見えるようになります。
これから別棟に外部足場がかかるので、この風景はしばし見納めですが、
こうして見ると、やはりこの建物は2棟で1つの建築なんだな、と思います。


さて、戻りまして、本館室内。
事務室から連続する北側の廊下です。階段は段板の取付けが完了。後は手摺が付くのみです。

gunmahonkan_110.JPG

左側が小会議室、階段を上って左手奥が中会議室になります。


小会議室内からの見上げ。切妻型の屋根形状がよく分かります。

gunmahonkan_111.JPG


こちらは中会議室。ロの字型の照明が吊られ、空調機の取付けが進んでいます。

gunmahonkan_112.jpg


書庫エリアでは書架の組み立てが進んでいます。

gunmahonkan_113.JPG


書庫エリアからの見返し。
いくつかのボックスにより、ワンルームの空間を緩かにゾーニングしています。

gunmahonkan_114.JPG

いよいよ、最終形が見えてきましたね。
やっぱり、今回も白い建築にしてしまいました。
色が少ないのは、師匠の影響でしょうか・・(笑)。



tochi
posted by salhaus at 19:19| Comment(0) | honkan